N's Style

スポンサーサイト 

--/--/-- --. --:-- | スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback:-- | comment: -- | edit


数百年前の人たちもこの景色を見ていたんだろうな。


建物の隙間からみえる修道院がかなり大きく見えるようになりました。

trackback:-- | comment: 18 | edit

  

No title

おはようございます!
壮大な景色を眺めながら数百年当時の事を想う。
撮影しながらも素敵な時間を過されましたね☆
古い建造物は何故?どうやって?なんて
想像しているだけでもワクワクしちゃいますよね!(^^)
ポチ ♪ 

akamaru-kyujosho1  | URL | 2012/04/14 09:58  * edit *

No title

おはようございます。お久しぶりですm(_ _)m
いい景色ですね〜!
人々に対する自然の圧倒的な大きさも伝わって
くる、いい構図ですね♪

shin_0909  | URL | 2012/04/14 10:45  * edit *

No title

干潟なんだということが、本当に実感できますね。
しかも、宮島と違って、スケールがでかいわ   笑)
こういう景色の向こうから、連合軍が…w。
広角の使い方が素晴らしいです。見習わないとね。

t-y1980  | URL | 2012/04/14 15:58  * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  | 2012/04/14 16:56  * edit *

No title

空模様も雰囲気たっぷりですねー
広大な眺めが素晴らしいです。
昔の人は潮の満ち引きで変わる景色を
どんな思いで見ていたんでしょうね。
2枚目もいよいよ、足元までやってきたという感じですね。
見上げた修道院に、圧倒されます。

june_an  | URL | 2012/04/15 00:52  * edit *

No title

フランスと言えばここですよね
マンションの人が夏に行くって言ってました
やっぱり行きたいなぁ♪

pierre1228  | URL | 2012/04/15 10:31  * edit *

No title

下の記事でご尊父様がお亡くなりになったことを知りました。
心中お察しします。
私も7年ほど前に母が急に他界したときにはやはり現実を受け止める
ことに戸惑いました。
と同時に親不孝だった自分に不甲斐なさを感じました。

でも、きっと時が解決してくれますので前向きに生きて行きましょう。
それが亡くなられたお父様への餞になるかと思います。

daruchan5949  | URL | 2012/04/15 16:52  * edit *

No title

曇りそらも手伝ってか
重厚な雰囲気が伝わります。
積み重ねられた歴史を感じます。

pekebouzu  | URL | 2012/04/15 18:16  * edit *

No title

こんばんは。
遠くから見ると結構近いようにも見えますが、実際は結構な距離なのでしょうね。
お疲れ様です。
P!

toshipho2  | URL | 2012/04/16 23:51  * edit *

No title

akamaru-kyujosho1さん 

壮大な景色から歴史を感じることができました。
高い城壁からは遠くまで見渡すことができ、こうやって敵を見張る役割があったのでしょう。
石積みの技術も当時の最先端なんでしょうね。
驚くことばかりでした(^^)

nobu-colors  | URL | 2012/04/19 06:26  * edit *

No title

shin_0909さん 

人の大きさに対して外観のスケールの大きいこと。
日本では味わうことができない景色でした(^^)
もっとじっくり構図を決めたかったのですが、歩きながらとっさに撮っているもので。
ガイドさんの話を聞きながらなので難しい(^^;

nobu-colors  | URL | 2012/04/19 06:29  * edit *

No title

t-y1980さん 

このような干潟なので潮の満ち引きで地形が大きく変化します。
モン・サン・ミッシェルへの橋(道路)ができたせいで、土砂の堆積問題が起きているらしいです。
観光バスが押し寄せる世界遺産ですから、道路の確保も必要でしょうし。
広角は苦手ですがちょっとだけ自信がつきました。
得意な分野はないので、広角も・・・が正しいか(^^;

nobu-colors  | URL | 2012/04/19 07:35  * edit *

No title

鍵コメさん 2012-04-14 16:56  

お気遣いと優しいコメントに感謝しております。
飛ばしすぎても息切れしますから(笑)
無理せずゆっくりとブログの更新をしていきますね。
ただ、油断するとすぐ放置状態になるので気をつけなければ。

nobu-colors  | URL | 2012/04/19 07:39  * edit *

No title

june_anさん 

どんよりとした空が重々しい雰囲気ですよね。
海から冷たい風が吹き抜けて飛ばされそうでした(笑)
当時の人たちも潮の満ち引きを計算して戦術を練っていたのでしょう。
実際に見ていると映画のワンシーンのように思えました。
ここまでかなり上ってきたのに、この先にはまだまだ階段が続きます(^^;

nobu-colors  | URL | 2012/04/19 07:44  * edit *

No title

pierre1228さん 

確かpierreさんが旅行されたときは大雪による交通障害で大混乱でしたね。
結局、モン・サン・ミッシェルは断念されたでしたっけ
パリから片道5時間のバス移動はかなりキツイですが、一見の価値は十分すぎるほどあります。
フランスに行く機会がありましたら是非リベンジしてくださいね。

nobu-colors  | URL | 2012/04/19 07:50  * edit *

No title

daruchan5949さん 

頭では分かっているつもりでも悲しい現実を受け止めるのは辛いですね。
このところ仕事が忙しいのでその間は考える余裕もありませんが・・・
ちょっとした空き時間に父の事を思い出します。
もっと伝えたいことがあっただろうし、私も話したいことがあっただけに残念です。
優しいお言葉とアドバイス 本当に有り難うございました。

nobu-colors  | URL | 2012/04/20 05:05  * edit *

No title

pekebouzuさん 

どんよりした雲と遠くまで広がる干潟が辺境の地らしい感じを見せてくれました。
晴れの日にはかなり遠くまで見渡せることでしょう。
夏には青々した草原に羊が放牧されるシーンも見たいですね。
今は静かな修道院も戦争時は要塞としての機能が発揮されていたのでしょね。

nobu-colors  | URL | 2012/04/20 05:16  * edit *

No title

toshipho2さん 

かなり階段を上り下りするので歩きやすい靴がおススメです。
近くに見えているはずなのになかなか建物内につきません。
直線距離はそれほどでもないと思いますが、通路が複雑に入り組んでいるんです。
時差ボケが完全に抜けてなかったから遠くに感じたのかな(笑)

nobu-colors  | URL | 2012/04/20 05:24  * edit *

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。